実際に経験した”レズビアンあるある10個”(ボーイッシュ編)

 

レズビアンとして生活していると職場や日常生活で違和感を感じることや、ちょっとクスッと笑える勘違いなど、ビアン飲み会で話せば全員が「ある〜ある〜」と思わず頷いてしまう”あるある”ネタが出てきます。

今回は、そんな”ビアンあるある”のボーイッシュ編を10個ご紹介します。

 

山口

ボーイッシュの山口です。皆さんはいくつ当てはまりますか?

 

 

①女性トイレに入ると二度見されるのは当たり前

 

ボーイッシュにとっては”あるある”どころか死活問題にも等しいのがトイレ問題です。

 

 

女性トイレに入ると視線を強く感じます。入ってくる方とすれ違う時は、トイレのマークを見直す方がいたり、「え?」と声をあげる方もおられます。最終的には「ここ、女性トイレですよ」と声をかけられる事も。トイレに間違って入る事ってまずないと思うのですが、見た目が見た目なだけに仕方ない部分もあります。

ですので、ボーイッシュの方はその度合いにもよりますが、多目的ルームを使うという方も聞きます。

 

最近は多目的ルームが「だれでもトイレ」に改名されたりLGBTの人が入りやくすなってますよね

 

そうそう、かなり使いやすくはなった。一度、中に入ってから並んでたおばちゃんと目があった瞬間、タイルの色を確認して思わず「ピンク!」と叫ばれたことがあった(笑)「女性です」と小声で答えたら、すごく謝れたけど「ややこしい見た目をしてる、こちらがすみません」です。

山口

 

②大浴場はスッと入ってパッ脱ぐ

 

トイレと同じく「男・女」に分けられる場所が旅行先などでの「大浴場」です。

 

 

みなが裸になるわけですから、周りの人はトイレよりも警戒心が強くさらにハードルが高い場所です。

ここでのボーイッシュの対処法あるあるは、とにかく人の出入りが少ない瞬間を狙い素早く入り素早く脱ぐです。とにかく脱いでしまえば、ついてるものは同じなので、もう心配は全く無しです!

 

これは本当によく聞く話ですね。私の友達はとにかく早く脱げるように、あらかじめ脱ぎやすい服で行くと言ってました〜。そういうもの?

 

基本中の基本ですね(笑)旅行の時とかは早朝や深夜帯など人が少ない時を選びます。そしてスッと入ってパッと脱ぐ!前は貸切風呂を選んでたけど、お金高くつきますしね。

山口

 

あれ?番台のある銭湯は?お金払ったりするから、そのパッと入れないですよね?

 

いい質問です(笑)めちゃくちゃハードル高いです。番台のおばちゃんの主観だけで男女が振り分けられますから。秘儀をお伝えします。銭湯ではお金を出す際に「女性です」と極めて自然に「何か間違いでも?」と言わんばかりの堂々とした顔で言えばOKです!

山口

 

③「風俗・キャバ系」のキャッチに声かけられる

 

繁華街を歩いているとキャッチのお兄さんに声をかけられるのも”あるある”です。

ビアン友達などと歩いている時はいいのですが、カミングアウトしていない友達や職場の人たちと歩いてる時の気まづさったら…。なるべく客引きがいない道を選んで歩くのが無難です

 

④「男になりたいの?」と聞かれる

 

「性同一性障害」・・・自分の認識している性と身体的性別が一致しない状態

「レズビアン(ボーッシュ)」・・・基本的には女性として女性が好き。男性になりたいとまでは思わないが服装など見た目をボーイッシュなものを好む

 

この違いを理解している人はかなり少ないです。ですので、女性で男っぽい格好をしていると一般的にはまだ「男性になりたい女性」と思われる事のほうが多いです。

 

⑤フェムへの憧れがある

 

憧れというと語弊があるのですが、やはりビアン界で人気なのはフェムさんなんですよね。ボーイッシュは人口が多いのかオフ会でも溢れてる印象が強いです。

フェムさんのモテ具合を羨ましく思った事があるボーイッシュは少なくないはず。

 

ボーイッシュだった友達と数年ぶりに会ったら、すっかり髪も長くなりフェムさんになってました。聞くと好きになった人のタイプがフェムだと知り、ボイからフェムへチェンジしたと言ってました。見事、お付き合いしてましたよ。確かにボイさん好きよりフェムさん好きの方が多い印象ですね

山口

 

⑥”女性割引”は諦めてる

 

トイレやお風呂は生活の一部ですので何とか乗り越えようとしますが、この”女性割引”がやっかいです。

嘘偽りのない女性ですので、映画や食べ放題などでみかける”女性割引”はもちろん活用したいです。が…その何百円のために、あの気まづいやりとりをすると思うと…。

ここは節約度合いにもよるとは思いますが、もう諦めてる人も多いはず。

 

前に友達6人でご飯に行った時、女性割引のあるお店で注文の時に店員さんが「女性5人、男性1人ですね」と。もはや、そんなハーレムな状態最高です。

山口

 

⑦下着購入は基本的に通販

 

目のやり場に困るのが下着売り場です。

 

 

入って買い物するなんてもってのほか。何でも通販で手に入るいい時代です。下着は全てネットで購入です。

 

 

⑧服はメンズのS

 

ボーイッシュ系の洋服をレディースで揃えるのは難しく。服はメンズのSを着てますという方が多いです。女性でもメンズのSなら大きすぎずサイズ感もちょうど良かったりします。

 

⑨出会い系で「ボイ系」と伝えたら既読スルー

 

これは⑤に買いた「ボイ好きさんが少ない」という事からなのでしょうが、出会い系のサイトや、マッチングアプリでまだお互いの姿が分からないうちはとっても楽しく会話していたのに、「どんな見た目ですか?」と聞かれて「ボーイッシュ系です」と答えた後、返信がパタリと来なくなる経験をした人は多いはずです。

 

これはもうボイの宿命です(笑)何度食らったことか…でもボイ好きさんは必ずいますから、へこたれずお互い頑張りましょう!

山口

 

 

⑩「〇〇という女性が行きます」

 

これはどういうこと?

 

10個目は個人的に多く経験する事を入れさせていただきました(笑)仕事での話です。例えばAさんの紹介で、初めて一人でBさんに会いに行く時、Aさんが事前にBさんに私のことを伝える時に「 KEYという女性が行きます」と伝えられる事が多いのです。

山口

 

あ!先方が女性か男性か迷わないようにってことだ!

 

そうそう、色んな人に気を使ってもらいながら私たちは生活しているのです。でも、これって嫌味でも何でもなく、ありがたいんですよね。全てがスムーズに進みます

山口

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?”レズビアンあるある”(ボーイッシュ編)

同じレズビアンでも見た目や環境で経験もそれぞれ。

こういった”あるある”は時代によってもまた変わってくるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA