レズビアンカップルが同棲するまでの道のり

一生を共にしたいパートナーと出会えたら、生活を共にするために一緒に住みたいと思うのは自然な流れですよね。しかし女性同士のカップルさんが同棲するには少なからずハードルが出る場合もあります。

 

 

不動産屋への説明

 

 

部屋を借りとなったらまずは不動産屋へ行きます。女性同士のルームシェアは一般的にもあるものですから、本当の関係性を伏せたまま「2人でルームシェア」という風に伝えても問題ないと思います。

 

私は前の彼女と一緒に住んだ時、「ルームシェア」と伝えました。パッと入った不動産屋さんで、カミングアウトするのはさすがに出来なかったです。
確かに、ルームシェアがOKならばカミングアウトする必要もないですよね。

Aoi

 

「2人入居可」の意味

 

 

カップルで探す場合、まずは「2人入居可」と書かれている物件などを中心に探しますよね。しかしこの「2人入居可」という意味をご存知ですか?

 

MEMO
一般的に2人入居可と記載されたものは、夫婦や親族での同居が想定されています。また場合によってはカップルでの入居も認めている貸主もいるようです。

 

基本的に2人入居可は夫婦や親族を想定されているので、形式上、同性カップルがあてはまらない場合があります。場合によっては認めている場所もあるとのことですので、気に入った物件があれば事情を話し交渉するのが良いでしょう。

 

グッチ

私たちはあくまでも「ルームシェア」で進めたので、「2人入居可」の場所で断られた事がありました。運良く次の物件で不動産屋さんが大家さんに「女性同士のルームシェア」で話してくれたところ、2人とも正社員で安心という事で入居させてもらえました。

 

これはゲイの方から聞いた話ですが、男性同士のルームシェアは、かなりハードルが高いらしいですよ。男性同士となると女性同士より、どうしても怪しく見られてしまうようです。そういう意味では女性同士が部屋を借りるのはそこまで難しくないように感じますね

山口

 

ルームシェアの注意点

 

 

先ほども出てきたルームシェアですが、「ルームシェア可」と記載されていないと断られる物件もあります。ルームシェアを断る理由としては、喧嘩などして一人が出て行った際に家賃が払えなくなるリスクがあるからという理由が一つあるそうです。他にも、トラブルが起きた際に責任の所在が不明確になりやすいことや、夜中に騒いで近隣住人への迷惑がかかる可能性があるなどトラブルが多くなるイメージがあるため嫌がる大家さんがいるということです。

 

山口

ルームシェアといえど、嫌がる不動産屋さんや大家さんがいるんですね。
なるほど。じゃあ私たちがルームシェアで難なく入れたことは当たり前ではなく、断られる可能性もあったということですね。

グッチ

山口

知り合いの同棲したカップルは自宅から歩いて数分の場所にある大家さん宅へ直接家賃を支払うことで入居OKが出たそうです。年配の大家さんだったので、直接やりとりできることが安心材料だったのかもしれませんね。

 

親への説明

 

 

保証会社を通すケースもありますが、親に保証人になってもらう事が多いですよね。そうなると親にルームシェアの事を伝える必要が出てきます。(言わなくてもいいかもですが、家賃や広さを見たら親はやはり疑問に思うので聞いてくるでしょう)

もちろん親にカミングアウトする必要はないです。ただうまく説明出来るよう考えておきましょう。

 

私はカミングアウトせずに、友達とルームシェアすると伝えました。そしたら「友達って誰?学生時代の友達とか?」と質問されてきたので、ある程度設定を作っておく必要があると感じました。

 

部屋の間取り

 

 

親に説明するにあたって関係性もそうですが、部屋の間取りにも注意しなければなりません。

本当はカップルで住むので1DKの広さでもいいくらいですが、友人同士で住むとなるとお互いのプライベート部屋が必須になるかと思いますので、ある程度の部屋の広さが必要となります。

2LDKを借りるのか、それとも「友達はほとんど家にいないから大丈夫」など設定を作るなど、うまく説明できるように考えておいた方がいいでしょう。

 

山口

知り合いの同棲したカップルは、親に怪しまれないために2LDKを借りたそうです。本当は一緒に寝ていたけれど、お互いの寝室があるという設定を作っていたんです。親が遊びに来た時も怪しまれないように徹底されていましたよ。
確かに!友達同士で1DKに住むってなかなかないですよね。私の両親は間取りについて特に突っ込んで質問されなかったから気づかなかったです(笑)質問されなかったってことは、もしかしたら、本当は彼氏と同棲しているのかと疑われていそうですね。

 

 

まとめ

 

同棲するまでの道のり、いかがでしたでしょうか。

不動産屋さんを何軒か梯子しても見つからなかったり断られたりするかもしれませんが、運良く最初の不動産屋さんでぴったりの部屋が見つかるかもしれません。

ハードルを乗り越えて、お二人の理想の部屋が見つかるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA